So-net無料ブログ作成

お風呂でロケフリTV~LF-X1編 [LF-X1]

今回は、お風呂でロケフリTVを楽しむ方法をご紹介します。モニターサイズの大きいX1はソニーが製品を発表した段階からお風呂で楽しむテレビを提案していて、始めから専用の「お風呂ジャケット」がオプションとして用意されています。我が家はX1購入時に専用のお風呂ジャケットを一緒に注文しまして、購入初日からお風呂でテレビを実践してしまった口です。

この「お風呂ジャケット」ですが、作りの割には結構高価で、希望小売価格が9,450円もします。本体を入れてベルクロ式のフタで止めるだけの作りで、完全防水でもなんでもなく、フタの部分も湯気や湿気を防ぐ程度なので、湯船に落としたりしたら致命傷になりますので気をつけないといけません。

我が家の浴槽は小さく、ヘリもスペースがないため、浴槽用の蓋を置き台代わりに使ってます。

実際の利用はこんな感じです。右上のボタン類と画面の部分は透明ビニール製となっており、ジャケットをつけたまま操作可能です。画面操作に関しては、自分はスタイラスではなく指を使う方が多いです。もちろん指や手がぬれていても画面をタップしたぐらいでは浸水しないので全く心配ありません。

リアルタイムでテレビを見たり、PSXで録画した番組を見たり、それこそネットサーフィンもお風呂でできちゃうというのは初めて体験したときはなかなかの衝撃でした。単純にバスタイムを楽しくするだけでなく、半身浴など健康のための長風呂のお伴としても最適なんですよね。気合いを入れて長風呂するときは、もちろん水をがぶがぶ飲んでから入るようにしてます。危ないですからね。

ちなみに、今回ご紹介したお風呂ジャケットはX1専用のものでサイズ違いのX5には使えません(もちろん、使えなくはないですが操作はしづらいです)。また、X5用のジャケットも用意されていません。しかし、X5のコンパクトさは魅力ですし、お風呂で使いたいという方もいるかもしれません。

次回は、そんなX5をお風呂に持ち込んで楽しむ方法をご紹介したいと思います。


2005-08-17 14:13  nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。